うちの娘はまだ3歳なのに毛深いんです。何かいい方法は?

お悩み

娘さんの産毛が濃いことでお困りのご様子ですね。遺伝的に毛深い体質の方が家族にいると、子供にも同じ特徴が現れることはよくあります。

確かに、産毛が濃いと見た目が気になりますし、友達にいじめられる可能性も心配ですね。毛を剃ることは一時的な解決策かもしれませんが、次に生えてくる毛が太くなるというのはよく言われることです。そのため、脱毛を検討されているのも理解できます。

ただし、小さな子供の肌に脱毛を行うことは、確かにリスクがあります。肌が敏感であったり、処理の際に痛みを感じたりする可能性があります。また、肌への影響や安全性についても心配ですよね。

このような場合、まずは皮膚科や小児科医に相談するのが良いでしょう。子供の肌に適した処理方法やケア方法を専門家からアドバイスを受けることができます。また、脱毛についても医師の意見を聞くことで、安全性や適切な方法を知ることができます。

そして、一番大切なのは娘さんの心のケアです。毛深いことで悩むことは、子供にとっても辛いことです。優しく理解し、話を聞いてあげることで、心の支えになるでしょう。また、他の方々の体験談やアドバイスを聞くことも、参考になるかもしれません。

 

■お子さんの将来を考えてあげましょう!

お子さんが小さい頃からムダ毛の処理を親御さんが行っている場合、一般的には小学校高学年になると自分で処理を始めることが多いです。しかし、ムダ毛処理を怠ると外出できないという自己処理の悪循環に陥り、肌の状態が悪化することがあります。これが続くと、肌トラブルが深刻化し、大人になってからのケアが難しくなります。実際、多くの女性が大人になってからムダ毛処理のためにエステサロンを訪れることもあります。

お子さんが毛深いことでいじめや差別を受けることは心配ですが、同様に肌トラブルが深刻化することも避けなければなりません。そこで、3歳児に適したムダ毛の処理方法としては、抑毛ローションがあります。ただし、抑毛ローションの効果は個人差があり、完全に毛深い悩みが解消されるケースは多くありません。

ムダ毛処理は大切ですが、同じくらい重要なのは、ムダ毛が濃いことをからかわれても気にしないような強い心を育てることです。例えば、私の学生時代には、非常に毛深いけれど成績優秀で性格も良く、皆に認められている同級生がいました。彼女の成功の秘訣は、性格や行動力にあると言えます。お子さんにも、それを教えてあげましょう。

■お子さんの成長過程でムダ毛が薄くなることも!

質問者様の娘さんはまだ3歳です。胎児は子宮内で非常に毛深い状態にあります。出産時には、通常、その毛は抜け落ちますが、抜け落ちずに生まれてくる場合もあります。このような場合、お母さんが赤ちゃんに対して申し訳なく思うこともあるかもしれませんが、そのような気持ちを持つ必要はありません。成長に伴い、赤ちゃんの体毛は徐々に薄くなっていきます。

一般的に、小学校入学時には、他の子とほとんど変わらない程度の体毛になっている子が多いです。そのため、お子さんがムダ毛を気にし始めたら、その対策を考えるようにすれば良いでしょう。しかし、その前は周囲の言葉に左右されず、普通に楽しく過ごせる貴重な時期です。

女の子は月経が始まる前の身体では、女性ホルモンが安定して働いていません。月経が始まり女性ホルモンが活性化すると、体毛は徐々に薄くなっていく傾向があります。そのため、体毛の濃さは月経が始まって初めて分かる場合もあります。お子さんの成長を見守る姿勢も大切です。

■抑毛ローションで毛深い状態を改善しましょう!

以下は小さなお子さんに使っても安全な抑毛ローションのご紹介です。

「濃縮パイン×発酵豆乳プルピカローション」
商品価格:1,980円

このローションは、毎日お風呂上りに塗るだけでムダ毛の成長を遅らせることができます。豆乳やパイナップルなど、肌に優しい成分が豊富に含まれていますので、小さなお子さんの顔にも安心して使用できます。

効果には個人差がありますが、肌がとてもきれいになるローションですので、日焼けなどでダメージを受けた肌の保湿にも適しています。

さらに、肌のバリア機能を高めることで体毛が薄くなる効果も期待できます。肌を潤いで満たすことで肌が活性化し、刺激に強くなります。体毛は本来、肌を保護するためのものですが、肌自体が強くなれば体毛も薄くなります。

全身の肌を保湿することは風邪をひきにくくしたり、アレルギー体質になりにくくする効果もありますので、ベビーローションなどで全身の肌をしっかりと保湿してあげましょう。

■お子さんが悩みだしたら一緒に悩んであげましょう!

お子さんがまだムダ毛を気にしていない間は、質問者様も気にしないようにしましょう。

お子さんがムダ毛を気にするようになるきっかけは同級生の一言です。しかし、これが質問者様の一言であってはいけません。

同級生に言われて気にするようになり、質問者様がフォローしたり、ケアしたりするのが理想なのです。

質問者様が気にしていると娘さんも気にしてしまいます。くれぐれも注意しましょう。

また、スポーツをさせると発汗するので毛穴が刺激され、新陳代謝が良くなります。これにより、自然と体毛が薄くなっていきます。

スポーツは身体を強くし、肌も強くなるので、健康そのものにもとてもいいのです。

ですので、お子さんにスポーツを習わせるか、スポーツの娯楽施設に連れて行ってあげましょう。ストレス発散もムダ毛には効果的なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました