口周りのムダ毛が濃い子供。とくに鼻の下が酷いけど対策は?

お悩み

私には今年3歳になる娘がおり、彼女の体毛が濃いことが心配です。彼女の体全体の毛は、産毛でありながらも黒く太いため、特に鼻の下が髭のように見えます。夫も毛深いため、遺伝の可能性があります。

友達にいじめられないかと心配し、毛を処理する方法として女性用シェーバーを使用することを考えていますが、3歳では肌が敏感で剃刀負けが心配です。また、剃った後の毛が太くなるという話も聞いています。

毛の処理は何歳から始めるのが良いのか、また本当に毛が太くなるのか、他のママさんの経験をお聞きしたいです。アドバイスをいただけると幸いです。

■肌に負担をかけないムダ毛処理の商品を!

現在、さまざまなタイプの女性用顔シェーバーが市場に出ており、小さなお子さんにも安全に使用できる商品があります。特にお勧めするのは、高速で動く2枚刃を用いてムダ毛をカットするタイプです。これらのシェーバーは刃先が丸く設計されているため、肌を傷つける心配が少ないです。

通常、小さなお子さんのムダ毛処理は必要な時のみ行うことが推奨されますが、肌に優しい設計のシェーバーを使用すれば、必要に応じて定期的な処理も可能です。例えば、「Panasonic フェリエ フェイス用 ピンク」という商品があり、価格は1,836円です。このシェーバーは0.12mmの薄刃で根元からしっかりとカットでき、石けんやローションを使用せずにそのまま処理できます。処理後の保湿も必要ありません。動力源は単4形アルカリ電池1本で動作し、手軽に使えるため、一緒に使うのにも便利です。

■ムダ毛の処理をし始める年齢

ムダ毛の処理を始める適切な年齢は、子どもたち一人ひとりの体毛の濃さによって異なりますが、一般的には小学校の高学年(5年生頃)から、わき毛や腕、足の毛を処理する子が増えてきます。

また、子どもたちが同級生から「毛深い」や「男の子みたい」といった指摘を受け始めるのは、小学校3年生や4年生からのことが多いです。これを受けて、子どもたちが親に相談することもあれば、一人で抱え込むこともあります。

お子さんがこのような悩みを持ち帰った場合は、親子で一緒に解決策を考えることが大切です。もし子どもが一人で悩んでいるようであれば、積極的に話を聞いてあげることが重要です。

このように共に問題を解決する過程では、親子の絆が深まりますし、将来的に他の悩み事が発生した際にも、子どもが親に相談しやすい環境を作ることができます。

■3歳ならまだまだ体質が変わる可能性が!

一般的に、赤ちゃんはお母さんのお腹の中で毛深い状態で育ちますが、生まれる時にその多くの体毛が抜け、大人と同じかそれ以上に薄い状態で生まれてきます。ただし、中には生まれた時に体毛がそのまま残ってしまう子もいますが、ほとんどの場合、1歳になる前か小学校に上がる前には通常の濃さになります。

ご質問のお子さんはまだ3歳ということで、今後体毛の濃さがどう変化するかは定かではありません。女の子の場合、生理が始まるとホルモンバランスが変わり、体毛の濃さにも変化が見られることがあります。中には思春期に入ると毛が薄くなる子もいます。

将来的にエステサロンでの脱毛を考慮している場合は、ホルモンバランスが落ち着く高校入学を待つことをお勧めします。この時期までに、体毛の状態がどう変わるかを見極めることができます。

とにかく保湿です!肌をいたわりましょう!!

■子供のムダ毛処理の方法

子供のムダ毛処理には、肌を傷つけない方法として毛を切ることが最適です。毛を切ることにより、肌を傷つけるリスクや毛穴のトラブルを避けることができます。また、肌の表面から毛をカットするだけなので、再生する速度は速いですが、カミソリで毎日処理をするよりは肌へのダメージが少ないです。

特に小学生以下の子供において、肌トラブルは深刻です。小さい時期の肌トラブルは後々まで影響を及ぼす可能性があります。そのため、剃る際にはシェービングジェルを使用するか、除毛クリームを用いることもありますが、これらの製品が原因で肌荒れや薬品アレルギーを引き起こすケースもあります。薬品アレルギーになると、除毛クリームだけでなく、ヘアカラーや日焼け止めも使用できなくなることがあります。

ムダ毛を切る場合は、眉毛用のはさみを使用することをお勧めします。眉毛用はさみはサイズが小さく、刃を大きく開くことなく安全に使用できるため、大きな怪我のリスクを減らすことができます。特に細い産毛をカットするのに適しています。

お子さんが小さいうちは、顔用シェーバーやはさみを使用しての処理は大人が行い、注意深く行うべきです。お子さんがある程度年齢に達したら、自分で安全に処理できるように指導しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました