ウワサで思春期にギブスをすると毛深くなるって聞いたけど本当?

ウワサで思春期にギブスをすると毛深くなるって聞いたけど本当? お悩み

思春期にギプスをしていると毛が濃くなるか気になっています。

私は中学生の男子で、小さいころから体毛が濃い方でした。手足の毛は黒くて太く、小学校の高学年の頃からは胸毛も生え始めました。最近では毛がさらに太く、濃くなってきたように感じます。

家族を見ても、父は若い頃から毛深かったそうです。これは遺伝的なものかもしれませんが、父は気にするなと言います。しかし、時代が変わり、今は毛深さが気になることも多いです。

半月前にサッカー中に骨折し、現在右足にギプスをしています。そのため、毛を剃ることができずにいます。ギプスで足が蒸れると毛がさらに濃くなるのではないかと心配しています。これ以上毛が濃くなるのは避けたいです。

同じような経験をされた方がいれば、ぜひ教えてください。

■思春期にギブスすると毛深くなるのは本当

足の骨折後に毛が濃くなることは一般的に見られますが、それがギブスによる直接的な影響ではないことが多いです。毛が濃くなる主な理由は以下の通りです。

  1. 保護反応としての毛の濃化 人体は、大きな衝撃やストレスを受けると、脳が危険信号を受け取ります。これにより、脳はダメージを受けた部位を保護するため、その部分の毛を濃くすることがあります。
  2. 摩擦の減少による毛の濃化 ギブスをしている部分は外部との接触が減少し、通常、摩擦によって自然に薄くなる毛がそのまま残ります。これにより毛が濃く見えることがあります。
  3. ギブスによる肌トラブルとその防御反応 長時間ギブスをしていると、肌が蒸れたり擦れたりして肌トラブルが起こりやすくなります。これを防ぐため、体毛が濃くなることもあります。

加えて、思春期は体質が大きく変わる時期でもあります。そのため、これまで毛が生えていなかった部分に急に毛が生えることがありますが、これはギブスや骨折とは無関係で、単に思春期の成長に伴う自然な変化です。

最後に、骨折が完治するにつれて毛の状態も徐々に元の薄さに戻ることが一般的ですので、永久に毛が濃くなるわけではありません。安心してください。

■ギブスにはもっと深刻な影響が・・・?!

骨折によりギブスを装着すると、確かに毛が濃くなることがあります。これは特に毛深い人や思春期の方にとっては大きな問題です。しかし、ギブスにはそれ以上に深刻な症状を引き起こす可能性もあります。

最も一般的な問題は、ギブスによる痒みです。ギブスが肌を密閉し、湿気が溜まりやすくなるため、炎症が起こりやすくなります。この痒みは時には睡眠を妨げるほどになることもありますが、ギブスは容易に外すことができないため、痒みに対処することが難しいです。

このような場合、耳かきなど細いもので掻くことが試みられることもありますが、これは肌にダメージを与える可能性があるため推奨されません。痒みがひどい場合は整形外科ではなく、皮膚科を訪れて専門的な治療を受けることが重要です。

■ギブスがくさくなって来ても我慢をしましょう!

ギブスが臭くなることは避けられない現象ですが、消毒用エタノールで拭くことや消臭スプレーを使用するのは推奨されません。これらの方法は、かえって匂いを強くすることがありますので、控えるようにしましょう。

ギブスの臭いが耐え難い場合、ガーゼに少量の消毒用アルコールを付けて軽く拭き取った後、ドライヤーの冷風で速やかに乾燥させると匂いが軽減されます。しかし、この方法も頻繁に行うと良くないため、本当に必要な時だけに限定してください。

ギブスの装着期間は短いこともあれば長引くこともありますが、どのような場合でも医師の指示に従い、適切に対応することが大切です。

■骨折にはビタミンKがいいですよ!

ウワサで思春期にギブスをすると毛深くなるって聞いたけど本当?

骨折治療にはカルシウムが非常に重要ですが、ビタミンKも同じくらい大切です。ビタミンKは骨を強化し、骨折の回復を促進する効果があります。

ビタミンKは野菜全般に含まれていますが、特に納豆には豊富に含まれています。日本人は欧米人と比較して乳製品の摂取が少なく、小魚の消費も減っていますが、納豆の摂取が骨粗しょう症の抑制に役立っているとされています。

特に引き割り納豆は通常の納豆よりもビタミンKを多く含むため、骨折治療において推奨されます。納豆でビタミンKを補いつつ、乳製品からカルシウムも積極的に摂取することが重要です。

これにより、骨折が早く治るだけでなく、無駄毛が濃くなるリスクも低減される可能性があります。

ギプスのむくみ解消!

ギプスを装着しているときに発生するむくみは、不快感だけでなく、回復過程においてもマイナスの影響を及ぼすことがあります。むくみを解消するためには、いくつかの方法が効果的です:

  1. 適度な運動:
    • ギプス装着部位以外の体を動かし、血行を促進させることが重要です。特に、心臓より高い位置にギプスをしている部位を持ち上げることで、血流が改善されむくみが軽減されます。
  2. 水分摂取:
    • 十分な水分を摂取することで、体内の循環がスムーズになり、むくみの解消につながります。ただし、飲みすぎは逆効果になることもあるので、適量を心掛けましょう。
  3. 塩分の摂取を控える:
    • 過剰な塩分は体内に水分を留める原因となるため、塩分の摂取量を控えることがむくみの軽減に役立ちます。
  4. 圧迫ストッキングの使用:
    • ギプスのない方の足や、医師の許可があればギプスをしていない部分に圧迫ストッキングを使用することで、血流改善とむくみ防止に効果的です。
  5. マッサージ:
    • ギプスのない部分のマッサージを行うことで、リンパの流れが良くなり、むくみが解消されることがあります。しかし、ギプス周辺や直接ギプスをしている部分は避け、専門家の指導のもとで行うことが重要です。

これらの方法を試す前に、必ず医師のアドバイスを求め、自分の状態に合わせた適切なケアを行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました